お知らせ

さつま芋コロッケと炊き込みご飯

ごぼうを入れた炊き込みご飯。ごぼうは皮を剥いたり、酢水に浸けてアクを抜いたり、ということは致しません。ごま油と梅酢を使って最大限にごぼうのポテンシャルを引き出します。お揚げさんも入って、「かしわ(関西弁で言う鶏肉のこと)が入ってるみたいな味!」と大好評でした。玄米を土鍋で炊くと、さらっと仕上がるので、いくらでも食べられます♡

さつま芋のコロッケは、さつま芋を蒸し器で蒸すと水っぽくなるので、焼き芋に仕上げてから加えます。この方がフライパンで簡単にできます。椎茸と生姜が入って、甘いだけじゃない、大人の味になりました。今回は、新商品のお米のパン粉を(パンじゃない)使ってみました。ポロポロ落ちにくくて扱いやすかったです。水分を吸いやすいので、パン粉をつけてすぐに揚げるのがコツですね。お米のパン粉はおいしくて、使いやすく、おすすめです。

写真では小さくしか写っていませんが、残った衣(長芋)やパン粉を混ぜて、始末のおやきを作って添えていました。これがすごくおいしくて、今度はわざわざこれを作ろうかなと思ったくらいです( ´艸`)

ちょこっとボールにへばりついた衣とか、少しだけ残ってしまった材料でも、大切に扱うよう心がけています。今は畑があるので、どうしても食べられないものは畑に還せるのでありがたいです。

おからこんにゃくでビビンバ

久しぶりにビビンバを作りました。ひき肉の代わりにおからこんにゃくを使いました。「おからこんにゃく」はその名の通り、「おから」と「こんにゃく」が一体化したもの。ダブルパワーですごくお通じが良くなります!

大根に人参、小松菜、豆もやし、ぜんまいをたっぷり♡

八丁味噌で作った即席コチュジャンで頂きました。

初級 秋のメニュー

秋は肺と大腸を意識したメニューということで、蓮根のスープです。蓮根は肺に良く、ぜんそくやアレルギーにおすすめです。

今回は油も一切使わないで作りました。体に炎症が起きている病気には、砂糖もですが、油も控えたほうが良いです。

かぼちゃのあんかけもとても甘いので、「煮物ってぜったいお砂糖いるって思ってたけど、無しでもいけるんですね。」と毎回ご感想戴きます。「そうなんですよね。うちは砂糖置いてないです。」って言うと初級ではびっくりされるのですが、上級くらいまでいくと、生徒さんの家はほぼ砂糖が無くなっています。味覚も徐々に、本来に戻っていくようです。

玄米パンのサンド&スープ

珍しくパンです。極力パンは減らしてお楽しみ程度に、とお伝えしていますが。今回はお楽しみメニューということで、サンドウィッチにしてみました。粉食するときは、粒食も組み合わせる、ということで、スープにハト麦が入っています。たっぷりいろいろな野菜と小豆も入って具沢山です。パンには大豆たんぱくのお肉を挟みました。食べ応えが合ってすごくおいしいです。

朝パンを食べて、昼はラーメンを食べて、夜はおつまみとビールで、ご飯を食べない。そんな食生活の方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。ごはんという「粒」のかたちで食べるのはとても大事なんです。小麦の粉ばっかり食べるのは、日本人には合いません。朝、ご飯とお味噌汁にするだけで、ずいぶん体調は変わるものです。

天ぷら定食そばがき付き

そばがきって、関西では意外と知名度低くって、ご存じない方多くいらっしゃったのですが、作り方はびっくりするくらい簡単。茹でないから栄養もそのまま取りこぼすことなくいただける、とても優れた食べ方だと思います。そばがきは揚げてもおいしいんですよね。大根おろしを添えると最高!本当に簡単にできるので、おうちで作ってみて欲しいです。

そばがきといえば、天ぷらやろ。ということで、舞茸・南瓜・蓮根・ブロッコリー・さつま芋・写真には写っていませんが、間引きの小さい大根も揚げてみました。秋の恵みですね♡野菜をパリッと揚げる、そして、コンロ周りを油で汚さないように揚げるコツを伝授いたしました。生徒の皆さんは、普段、家族にアツアツを揚げて、自分は冷めたものを食べていらっしゃるので、今日は揚げたらハイ、揚げたらハイ、と次々召し上がってもらいました。教室じゃなくて、天ぷら屋さんやん!という感じですが。。。こんな日があってもいいですよね!

大根間引き菜でお味噌汁を作って、お漬物とごはんで〆ました。ごちそうさまでした!

 

ページの先頭に戻る